ブログ | 株式会社井上板金工業

オフィシャルブログ

IMG_2942.jpeg IMG_2645.jpeg IMG_2945.jpeg

庇の製作と取付工事
スッキリとした感じの依頼を受け、
アングル材などで下地を作り、ガルバリウム鋼板で屋根と軒裏を加工

good

2018年 1月5日

IMG_2791.JPG

新年 あけましておめでとうございます。

今日から新しい年の仕事がはじまります。

安全第一に、
お客様の考えを実現できるような施工会社として
昨年以上に取り組んでいきます。

今年もよろしくお願いします。

10年ぶり?

IMG_2580.JPG IMG_2582.JPG IMG_2484.JPG

たぶん10年ぐらい前にKスパンの横はりやったなぁ

雨の流れを考えると上部から下に向かっての施工

仕上がりはバッチリですね!

玄関廻りは横、他は通常通りの縦はりの物件でした。

リフォーム工事③

IMG_2443.jpg

屋根・外壁・雨樋のリフォーム工事が完了しました。

ROOGA ルーガショップ

IMG_2390.JPG IMG_2378.JPG IMG_2373.JPG

ROOGA雅の施工現場です。
屋根重量の一般的な目安では、
板金屋根 約5〜6kg/m2
陶器瓦屋根 約60kg/m2
とされていますが、ROOGAは約20kg/m2の重さです。屋根を軽くしたいけど、瓦屋根を好まれる方にオススメです。

リフォーム工事中2

IMG_2340.JPG IMG_2247.JPG IMG_2112.JPG

前回アップしたリフォーム工事中の現場です。
以前は、外壁として使われていた板金材料は長さが6尺(約1820ミリ)〜10尺(約3030ミリ)の材料を重ね合わせて仕上げられていました。
現在は、長尺成型材により基礎の土台部分から屋根の軒下までを1枚の材料で仕上げられる施工方法が主流です。
立地条件や建物の形状によっては対応出来ない場合もありますが、上下の重なりが減ることにより、雨水の浸入や重ね部分の腐食が抑えられますね。
まだ、外壁工事を始めたばかりです、完成までは、しばらくかかりそうです。

リフォーム工事中

IMG_2244.JPG IMG_2154.JPG IMG_2220.JPG IMG_2169.JPG IMG_2185.JPG

今まで学生寮だった建物の屋根と外壁をリフォーム中です。
瓦屋根から板金の屋根にINOベーション‼︎

郵便受

IMG_1892.JPG IMG_1895.JPG

工場の郵便受を木目調塗装ガルバリウム鋼板で
作ってみました。

猛暑

IMG_1914.JPG IMG_1911.JPG

今日の静岡市の最高気温は35.7度でした。
屋根の上の温度はそれ以上になります。
去年の夏に購入した”ファン付きジャケット”
今年も着用する日が続きそうです。

ただ、気温が高過ぎるとジャケットの中に入ってくる風が、なまぬるい
けど無いよりはイイかなぁ❓

カラーベスト屋根改修

既設屋根材を残したまま断熱材が貼り付けられている金属横葺き屋根材を施工します。
既設屋根材を残すことにより、撤去・処分費用を抑えられる事と、
金属屋根の弱みの部分になる、雨音の軽減にもなります。
今回は屋根材の裏側に断熱材が貼り付けられ、
ガルバリウム(GL)鋼板にマグネシウムが2%添加され耐食性が約3倍にUPした
エスジーエル(SGL)鋼板が原板材となる、
スーパーガルテクトという製品で施工しました。
断熱性・防音性・耐食性をINOベーション
IMG_1872